音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

FiiO FW1着弾とファーストインプレッション

「FiiOのTWSねぇ…」と期待半分疑問半分で購入。

FiiO FH1sの出来があまりにも良かったことによる期待と、TWSそのものの音質に伸びしろは果たしてあるのだろうかと言う疑問からであります。

価格設定も抑えめだったので、まずは聴いてみようと。それから判断してみようと。

そしてその結果「あ、TWSでも自分好みの音は出る!」と言う結論に簡単に至りました。

1BA構成によることで、スッキリとした音を期待していたのですが、その期待に違わず、中高域の伸びが心地よく、ボーカルラインが明瞭。低域も自分にとっては不足のないボリューム感。

やや音が硬質に感じられるのはエージングをしていないからである可能性もありますが、この硬さも決して悪いものではありません。

ファームウェアアップデートでリプレイゲイン機能がついたFiiO M5を送り出しにしているのですが、ボリューム的にも音質的にもシームレスに楽しめるのもまた一興。

これはひょっとするとひょっとして、解かもしれませんよ。自分にとっての。TWSにお金は掛けたくない、でも出音は好みの物が欲しい。それを叶えてくれるギアになりそうな予感。

f:id:particleofsound:20200913113937j:plain
Fiio FW1