音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

The Speed of Now Part 1 / Keith Urban (2020 44.1/24)

お久しぶりの感があるキース・アーバン。つまみ聴きしてみたところ好印象だったので購入。

「人生はあっという間に過ぎていく」と言うコピーがついているアルバムだけれども、楽曲もあっという間に過ぎていく。それも軽快に。とても聴きやすい。

元々それほどカントリー色は強くはないシンガーではあるけれども、今回はさらにロック・ポップスに寄ったサウンドになっている。だからこそ余計に聴きやすいのかもしれない。

キース・アーバン、久しぶりにDAP入りかな。