音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シベリウス:交響曲第7番 / ベルグルンド, ヨーロッパ室内管弦楽団 (1995/2012 FLAC)

大自然の造形美。それを描き出すのがシベリウスという作曲家なのだと、シンプルに物語っている演奏。

色々なシベリウスを聴いてみても、戻ってくるのはベルグルンドなのだな。余計な脚色をしないとでも表現すればよいだろうか。

もちろん、指揮者、演奏者の脚色があるシベリウスがよくない、と言っている訳ではないので。