音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 / アルゲリッチ, アバド, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1994/2018 CD-DA)

このボックスセットのエンコード作業がまだ終わっていなかった。60枚って、大変なのよ。諸々の管理が。

シベリウスを聴いていたら、チャイコフスキーが聴きたくなった。それもピアノコンチェルトを。確かこのボックスセットの中にアルゲリッチの演奏があったはずだと引っ張り出してみれば、ありました。

何となくではあるのだけれども、ビッグネームによる演奏が聴きたかったのよね。それでいて、名前に溺れない素晴らしい演奏を。

ギレリスのそれでもよかったのだけれども、方向性が異なるものが聴きたかったので、このディスクを再生した次第。

満足です。