音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

バルトーク:ピアノ協奏曲全集 / ツィメルマン, アンスネス, グリモー, ブーレーズ, シカゴ交響楽団, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, ロンドン交響楽団 (2005/2017 SHM-CD)

相当しばらくの間、ラックの中で静かに眠ってましたよ、このバルトーク。半ば封印していたのだろうね。深層心理的に。

以前に聴いた際の記録を読むと、いかに自分の聴き方がハチャメチャかが丸見えで、穴があったら入りたいほどの勢いなのだけれども、ところがどっこい、今聴いてみても、やはり同じような感想なのですよ。

このしっちゃかめっちゃかなのだけれども、どこかファニーで憎めない感じ。演奏として本当にそれで正しいのかと訊ねたくなるような不思議な譜面が頭の中に浮かんでくる。

理屈抜きで楽しいのですよ、この演奏が。純粋に面白い。理解しようとしないからだろうけれども。

そうそうしょっちゅう聴こうとは思わないけれども、これはこれで楽しいので、しっかりとまたラックの中で熟成させておきましょうかね。