音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:交響曲第4番 《1841年原典版》 / ホリガー, ケルンWDR交響楽団 (2012/2018 FLAC)

ここにもあったじゃないか、シューマン4番の原典版が。

少し重くおどろおどろしい雰囲気が感じられる箇所もあるこの原典版が、最近妙に気になりだしまして。

これまではシューマンに対して「軽妙!軽快!快活!」こそがベストだなどと一人声高に叫んでいたものが、この重さも苦みのスパイスとして感じられるシューマンもお気に入りになっているというあたり、本当にクラシックの好みはどう転ぶか分からない。

それだけ自分がまだまだクラシックの垢にまみれていない証拠なのだろうと、良い方に解釈しますよ。

音楽は自分の一生の趣味として、垢にだけはまみれたくないね。頭が固くなることも避けたいね。

心の底からそう思う朝。