音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

SEA IS A LADY / 角松敏生 (1987 FLAC)

この80年代ならではの音作りが、たまに聴くとなんともシビれるものがあってね。

この時代のサウンドの極みではないかと思っているのです。本作は。