音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

マーラー:交響曲第5番 / クーベリック, バイエルン放送交響楽団 (1971/2015 96/24)

ここまで金管が印象的だったとは。特に第3楽章。硬から軟まで、変幻自在の自由自在。思わず聴き惚れてしまった。

それだけでも「これはいいマーラーですね」状態。