音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

GROOVIN' / 久保田利伸 (1987/1989 FLAC)

日本人であることのアイデンティティとしてのポップスに、ブラックミュージックのソウルを振り掛けていた、まだまだ青く若い頃の久保田利伸。

圧倒的なのは当時から新人離れしていたソングライティング能力と、歌唱力。これはどうやっても後続が出てこない。それほどまでに何か突然変異で突き抜けた存在が生まれた瞬間、そのわずか2枚目での出来事だったわけで。

こうやって今に聴いてみると、完全にセンスの塊でしたね。タイトル通りのグルーヴの強さに、ソウルフルなセンス。

本当に凄い人が現われたのだなと、今でも感心してしまうほどであります。