音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:交響曲第3番 / マイケル・ティルソン・トーマス, サンフランシスコ交響楽団 (2018 SACD)

「中庸」と言う言葉をどう扱うか、だよな。

本当に、ストレートド真ん中なのです。自分の印象としては。

変化球を投げることもなく、実に誠実に演奏しているかのように。かと言って面白味がないわけでもなく。

音も十分に美しい。朗々と歌っている。適度に厚みもある。明るい。

何も悪いところはないのだけれどもね。もしかすると自分の好みが、若干変な方向に偏り始めているのかな?

だとすれば、その偏りを自覚すべくこの演奏を聴いたのは正解と言うことか。