音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:交響曲第7番 / ヤノフスキ, ケルンWDR交響楽団 (2020 48/24)

朝一クラシック。

この演奏はきっと自分の好みにフィットしたのでしょう。

インプレッションはこれまで書いてきた内容と同じく。何番を聴いても心地よく楽しむことが出来る。何かしらの疑問が浮かぶこともない。最初から最後まで演奏と同様、滑らかに聴くことが出来る。

これはやはり自分にとってのいい演奏なのだな。