音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 / ギレリス, セル, クリーヴランド管弦楽団 (1968/2015 SACD)

ギレリスのベートーヴェンピアノ協奏曲第3番を一度も聴いていないことを発見。聴いた。

ギレリスは自身のカラーが明確にある奏者なので、何を弾いても確かにそこにあるのはギレリスの演奏。

リリカルなカデンツァや第二楽章においても、芯がハッキリとしている。輪郭が明瞭とでも言えばよいか。甘さに溺れないビター感こそがギレリスであると再確認させられた次第。

それもまた時代が求めた音なのだろうかと、少しばかり時間に思いを馳せてみたりもして。