音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

I could be free / 原田知世 (1997 FLAC)

何かを何気なく聴きたいなどというシチュエーションで選ばれることが多い作品であるような気がする。

邦楽には軽く聴き流せる良質なポップスが少ないのかもしれないな。強すぎず弱すぎずというウェルバランスなポップスが。

あくまでも自分の手持ちの駒の中での話だけれども。