音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

歓喜~ノルウェーのクリスマス / トーヴェ・ラムロ=ユースタ, カントゥス (2019 SACD)

2020年を締めくくるキーワードは「浄化」ではないかと。

そう言った音源を、ノルウェーは2Lレーベルから数枚かき集めました。合唱曲ばかり。

人類に襲いかかった困難、人類が自らを苦しめた流言。そしてそれらによってかき乱された精神。それらを浄化するのは人の声と言う力ではなかろうかと考えたのです。