音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ラフマニノフ:交響曲第3番 / ヤルヴィ(パーヴォ), パリ管弦楽団 (2015 44.1/24)

今日はひたすらクラシック音楽をハシゴしています。発掘系のノリで。

これは購入からしばし放置されていた楽曲。

改めて聴いてみると、なんともけったい…いや不思議な曲であることよ。

ふと思ったのだけれども、パーヴォさんは父ネーメからの「不思議な曲」「知られざる曲」の発掘家の血をひいているのかしら、とね。

そのような気分にさせられる楽曲と演奏でありました。