音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ヴィヴァルディ:『四季』&ピアソラ:『ブエノスアイレスの四季』 / シュタインバッハー, ヴィドヴァ, ミュンヘン室内管弦楽団 (2020 SACD)

ピアソラの持つ情熱ほとばしる季節の描画と、ヴィヴァルディの決して「春」だけの印象では捉えてはならない、その季節を描く熱情とのサンドイッチとで、ここまでエモーショナルな作品に仕立て上げられるものなのかと、再度聴いてみてもやはり感心してしまうのであります。