音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Wakana Covers ~Anime Classics~ / WAKANA (2020 96/24 Amazon Music HD)

ソロになって初めて聴いた作品で「(人数としての)声が足りない」と不満を覚えたこともあってか、今回のアルバムも同様の感想を抱くことを危惧していたのです。

ところが蓋を開けてみると、アニソン名曲の数々が、WAKANAの柔らかくも芯の通ったボーカルと相まって、実に新鮮に、そして安易な言葉ではあるけれども、感動的に聴くことが出来た次第。

エモーショナルに迫られる箇所では、思わず涙腺が緩みかけることもあったほどに揺さぶられてしまったのは、Kalafinaでの刷り込みではなく、WAKANAとしてのボーカリストの凄みがそこにあったからに他ならず。

これは音源として間違いなく購入対象ですね。買いです。