音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

BURN THE SECRET / WANDS (2020 FLAC)

改めてじっくりと聴いてみる。

作りはとことんビーイングサウンドなのだけれども、ボーカルの線がある意味現代的なスタイリッシュさをまとっているので、しっかりと「今」になっていることに気付かされた。

トラックはもう少し工夫をしてもいいのでは?とも思ったのだけれども、それはビーイングサウンドに対する無い物ねだりのようなものなので、これはこれとして受け止めるのが正しい聴き方かと。