音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

J.S.バッハ:ゴルトベルク変奏曲 / コープマン (1987/1999 CD-DA)

ミケランジェリのショパンを聴き終える頃には、心も体も一皮剥けたかのようにスッキリとしていた。

もう1枚、身体に滋養を与えるがごとく、コープマンによるバッハを。闊達たるハープシコードの響きで心を満たす一時。