音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:交響曲第3番 / ヤノフスキ, ケルンWDR交響楽団 (2020 48/24)

なんとなくベートーヴェン。それも交響曲で。

心が満たされつつ、同時にすっきりと爽快な気分にもなれる演奏。

スポーティと言う表現でもよいだろうし、現代的筋マッチョな演奏と自分なりに表現してもよいだろうし。

キビキビした楽器の動きがよく見える演奏だからこそ、このような楽しみ方が出来るのだろうなと思いながら。

たまにはベートーヴェンの交響曲もよいもので。