音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:交響曲第1番 / ティーレマン, シュターツカペレ・ドレスデン (2019 96/24)

無条件に格好いいよね、これ。

シュターツカペレ・ドレスデンのズッシリとした演奏を軽快にコントロールさせているあたりが、聴いていて心地よいのであります。

いや、小気味よい、と言うべきか、これ。