音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:交響曲第1番 / パーヴォ・ヤルヴィ, ドイツ・カンマーフィルハーモニー・ブレーメン (2010 SACD)

「そうだ、シューマン聴こう」と他のフルオケのものを聴き始めたのだけれども、どことなく軽快さに欠けるように思えたので、このディスクにチェンジ。

正解でした。

このシューマンの「春」の響きの軽妙さを、このコンビネーションが鮮やかに描き出していた。

今日はこれから雨に向かうそうなのだけれども、気分は努めて軽く行きましょう。この所精神的なアップダウンも大きいしね。