音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

サン=サーンス:チェロ協奏曲第1番&第2番 / モルク, ネーメ・ヤルヴィ, ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団 (2016 SACD)

改めて聴いてみると、実に素敵なサン=サーンスのチェロコンチェルトですね。モルクの歌心が今の自分の耳に俄然響いてくる。

以前聞きかじったクラシック音楽も、今聴くとまた別の観点が生まれてくるから面白い。

クラシック音楽のみならず、音楽そのものに対する感度が、歳を取るとともにますます高くなっているような気がしますよ。