音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ショパン:ピアノ協奏曲第1番 / ツィメルマン, ポーランド祝祭管弦楽団 (1999/2017 SHM-CD)

クラシック成分が著しく不足していたので、ヘッドホンにてこれを。

素敵という言葉しか浮かばない。以前聴いた時には美しいという言葉しか浮かばなかったような気がする。

そういったプリミティヴな次元での感動なのですよ。言葉による装飾など必要なく、また、それによって音楽を無意味に塗りたくってしまうことも無粋。