音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

上ミノ / 鈴木みのり (2020 FLAC)

フライングドッグレーベルサウンドの王道を行ってますね。どこをどう切り取ってもフライングドッグ。キラキラポップとでも言いますか。

ボーカルも声優らしさを上手に使って、イヤミにならない程度の味付けがされている。聴きやすい声優ソングとも言えるかな。そう言う意味では絶妙なバランス加減なのかもしれませんが。

あまりにもフライングドッグと声優とのコンビネーション、掛け合わせに過ぎて、その路線から逸脱していないところが瑕と言えば瑕か。