音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ラブ・トリップ / 間宮貴子 (1982/2012 CD-DA)

秋元薫に続き、これを。こちらも稀少盤と言われていたらしいですが。

いや、これはいい。こっちはいい。

全体に漂うメロウさ加減と、それを縁の下でさり気なく引き締めているナルチョ(鳴瀬喜博)のベースラインが素敵な、スウィートメロウアルバム。これはシャレオツ。

一発通して聴いた時点では大がかりな勝負曲は存在しないように感じられたのだけれども、それよりも全体的に流れる得も言われぬ都会的な流れと言いますか、うごめきと言いますか、早い話が今風に言うならばグルーヴが、ミッドなBPMの中で心地よく渦巻いているのですよ。

これは愛聴盤になれる作品。今後どこまで再生回数を伸ばせるかな。