音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

STARTING OVER / エレファントカシマシ (2008 FLAC)

ユニバーサルミュージック移籍後初のアルバム。オリジナルアルバム通算18枚目。

自分が再びエレカシを聴くようになったアルバム。ポニーキャニオン期のエレカシが失速、低迷していたことを知らずにいたのだけれども、それだからこその新天地での解放感を現わしているかのような、風通しの良い作風が当時好きだった。

今聴いてみても、その印象は変わらず。宮本浩次の不器用さもバンドとしての実直さも、プロデューサーの意図も、全てが明確で分かりやすい。

分かりやすいバンドとは決して言えないはずだったエレカシ、そのつきまとうレッテル、スティグマを全て脱ぎ去って、新しい一歩を踏み出すのだと言う意思表明のようにも捉えることが出来る。

また、それに成功している作品ではないかと。

改めてアルバムのタイトルを見直してみると、なるほどと得心が行く。

と言うことで、エレカシ、そのユニバーサルミュージック期を振り返ってみようかと。聴いたことのあるアルバムも、聴いていなかったアルバムも全部ひっくるめて。

ディスクなら全部手元に揃ったのでね。図書館万歳。

STARTING OVER(通常盤)