音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 / グルダ, シュタイン, ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (1970/2016 SHM-SACD)

どうにもこうにもモヤモヤした感覚が拭い去れず。

こう言う時には豪快にクラシック音楽だよね。ヘッドホンを装着して、大音量でこれを。グルダさんの柔らかい表情を持ったピアノと、鋭さを見せるオケとのブレンド具合が素敵。

今回の断捨離作業でこのディスクも処分対象になりかけたのだけれども、危ない危ない。やってはいけないことをしてしまうところだった。

これは家宝認定しておかないとならない。

そのように自分を戒める。

気分?

結構晴れてきました。これであとは昼をはさんで泳げば、もうそれで十分でしょう。きっと。