音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

SINGER2 / 島津亜矢 (2013 FLAC)

本カヴァーシリーズの1作目は、模索とアイドリングを兼ねての選曲だったと思うのだけれども、この2作目あたりからグッとアクセルを踏み込んで、歌怪獣の本領を発揮させるべく選曲になってくるような気がするのだよね。

「演歌歌手がポップスをカヴァーしているよ」と言ったちょっとした違和感が完全に拭い去られるのが、ここからだと思うのですよ。

あとはもう、最新作まで完全に突き抜けてますがね。

この人はこのシリーズにおいて絶対にアクセルを緩めてはならないよ。隙を見せずに違和感を存在感で上塗りしてもなお余るほどの威力を見せ続けて欲しいものです。

SINGER2