音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:交響曲第3番《ライン》 / バレンボイム, シカゴ交響楽団 (1977/2010 CD-DA)

真剣にクラシック音楽に耳を傾けているだけではなく、Webブラウジングなどをしながら聴いていることだってあるのです。

と言うことで、これは聴き流しながら。

若きバレンボイムと、まだ脂の乗っていた…残っていたシカゴ響との共演が、平凡に終わらせないケミストリーを生み出している作品かと。