音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シベリウス:交響曲第7番 / バルビローリ, ハレ管弦楽団 (1966/2020 192/24)

シベリウスの交響曲には何か人外のものが棲みついている。

どの指揮者のどの演奏を聴いても、それは音として確実に存在しているのだから間違いない。

濃淡、疎密。それら度合いの差はあるものの、いる。

シベリウスは何を見つめ、音として記したのか。

そしてそれらをあまねく蘇生させることに導いているのはなぜなのだろうか。何がそれを為しているのだろうか。

いや、その、バジェットCDボックスで持っていたのだけれども、HDtracksがアンケート回答者へのサービス全品25%OFFをやっていたもので、ついこの192/24版ボックスセットを購入しちゃったのですよ。仕方がない。人間だもの。