音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューベルト:交響曲第4番 / ホリガー, バーゼル室内管弦楽団 (2020 96/24)

ふとこの組み合わせでのシューベルトを聴きたくなったのでね。

今回はしっかりと起きてました。きちんと1曲を聴き通しました。

バーゼル室内管は本当に動きがキビキビしていていいね。もっとあそびがあってもいいのでは?などと欲もあるけれども、とても真面目。真剣に音を掘り起こそうとしてることがよく分かる。