音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シューマン:交響曲第1番 「春」&第4番&マンフレッド序曲 / レヴァイン, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (1990/2014 CD-DA)

CDラックを眺めていたら目が合った。

「そう言えばレヴァイン氏も亡くなったのだよな」と思いつつ、聴いた次第。

この快活、生命力あふれるシューマンは、聴いた瞬間に愛聴盤確定になっておりました。

いつ聴いても、気分が高揚する演奏であります。