音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番 / アシュケナージ, プレヴィン, ロンドン交響楽団 (1975/2014 SHM-CD)

改めて聴き直してみると、プロコフィエフならではの音のおどけ方が、アシュケナージの演奏スタイルにジャストフィットしているかのよう。

そしてもう一つ。

プロコフィエフのこの曲は、菅野よう子が作るファニーな曲にイメージが似ているなんて言ったら、プロコフィエフに殺されるかしら。

プロコフィエフ:ピアノ協奏曲全集(SHM-CD)