音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

桜 / ZABADAK (1993/2012 FLAC)

ZABADAKのMOONイヤーズにおける集大成的なアルバムであることを再認識。密度の濃さと充実感にあふれるサウンドと歌詞の世界。

それまでの遊び心が大幅に後退し、代わりにミュージシャンとしての真面目さ、シリアス感が全体を覆っている。真剣かつ地に足をつけたZABADAKと言えるのかもしれない。

そう考えるならば、この作品は間違いなくこの時期のZABADAKの着地点、当然の帰結であるかのような雰囲気をまとっている。これをもってのれん分けに至ったのも、それもまた当然の帰結であったのかもしれないと。

MOON YEARS