音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シベリウス:交響曲第7番 / ラトル, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (2015 48/24)

大海に静かに広がり行く朝陽。巨大でちっぽけな一日の始まり。

ラトルのシベリウスに関しては、2年ほど前に「面白くない」と記しているのが最後なのだけれども、いやいや、なかなかどうして。しっかりと聴かせてくれるじゃないですか。

シベ7は短い時間にドラマを凝縮して提示させる力が求められると思っているのだけれども、一滴も漏らさずにそれらを描画しているように感じられた次第。

自分がその時々に感じた印象、イメージは、その時点では正解なのかもしれないけれども、時間を置いて寝かせることで、それらは大きく変わっていくものなのだな。

今日の発見はその一点に尽きるかな。以前から同じようなことを言っているような気はするけれども。