音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番 / 内田光子, サー・サイモン・ラトル, ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (2010/2020 48/24)

ザッピングの一環のつもりで聴き始めたのですが、思わず通して最後まで聴き入ってしまった次第。

内田光子のこの個性の押し売りにならず、それでいて自分だけに鳴らせるベートーヴェンを鳴らす演奏が、聴いていて思わず感心させられてしまうのです。

「感心」と言うとどこか冷めた目で見ているようではありますが、実際にはその演奏に没入して世界を堪能出来るものであり。

そしてこの音を引き出してくれる私のNew gearが、これまたいい仕事をしてくれるわけで。フルオーケストラのクラシック音楽をたっぷりとしたボリュームで、かつ安心して聴かせてくれるのであります。

さて、ザッピングへと戻ろう。

ベートーヴェン : ピアノ協奏曲全集 / ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、サー・サイモン・ラトル、内田光子 (Beethoven : 5piano concertos / Mistuko Uchida, Sir Simon Rattle, BERLINER PHILHARMONIKER) [3SACD Hybrid] [Import] [日本語帯・解説付] [Live]