音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Sugarless Ⅲ / スガシカオ (2021 FLAC)

帰宅後に。

今作は随分と歌詞が耳にすんなりと入り込むトラックメイキングになっているなと、ここにきて発見。そしてスガシカオの詞が耳に入りやすいということは、それだけ自分の胸に刺さる楽曲も多く姿を現わすということでもあり。

やはりスガシカオは言霊のシンガーなのだよな。その言葉、言葉のフレーズ、一つ一つが心象となって深く楔を打って、自分の心の中にある澱とシャッフルされて、何とももどかしく、そして過去の自分に悶えてしまう要素が現われてしまう。

Sugarless III