音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番 / アンドラーシュ・シフ, ハイティンク, シュターツカペレ・ドレスデン (1996/2020 FLAC)

憤慨してみたり、何かがことごとく噛み合わなかったり。

そう言った日もたまにはありますよ。人生だもの。

そんなネガティヴな人生はクラシック音楽で流してしまえ。

シフの清廉なピアノに心を洗い清めてもらう。果たして本当に清められたのかな?