音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

KI・RA・RI PI・KA・RI / 三重野瞳 (1995 FLAC)

三重野瞳はいつまで経ってもアルバムがサブスク解禁されないな。

この1stなんて豪華ミュージシャンで固めた、相当にロックでイカしたアルバムなのだけれども。いつ聴いても格好いい。

このガチなアレンジと、それに全く馴染まない三重野瞳の不完全なボーカルとのギャップと相乗効果とで、見事なまでにあやうい作品に仕上がっているというのに。異形の傑作よ?

仕方ないのでアルバムに収録されているシングルのSpotifyリンクを置いてみる。

「風の翼」なんて、涙なしには聴けないよ?色んな意味で。かなり複雑な意味で。

これほどまでにドラマティックで素晴らしい楽曲とアレンジを、完膚なきまでに打ち壊すボーカルとのコラボレーションと言う意味で。

そこで「風の翼」を改めて分析的に聴き直してみると、もの凄く、これ、L'Arc~en~Cielですね…。今の今まで、その発想はなかった。

KI・RA・RI PI・KA・RI