音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

シベリウス:交響曲第4番 / クラウス・マケラ, オスロ・フィルハーモニー管弦楽団 (2022 96/24)

シベ4を聴いてみると、案外と建築的な作品であるかもしれないなどと初めて思い至った次第。

もしかするとそれはこのマケラの指揮によるものだからなのかもしれないが。自分の中にあるシベ4よりも、一段と視界の開けたそれだったのだよね。