音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

COVERS -Sora Amamiya favorite songs- / 雨宮天 (2021 96/24)

再生回数を重ねていけばいくほどに「巧い」カヴァーアルバムだと唸らされるのだけれどもね。

ここに収録されているオリジナル楽曲をリアルタイムで聴いていた人ほど、唸らされるポイントが多く、いや、全編にわたって色濃く満たされている作品ではないかと。「そうだそうだ」と思わず頷いてしまう音遣いが、あちらこちらに。

そしてまた、この時代の邦楽が持つ独特のウェットさ加減を、見事に表現している巧さもあるのではないかとも。時代の空気感まで再現させる完コピカヴァーなど、そうそう簡単に仕上げられるものではないと感心するのだよね。

それほどまでに歌い手と作り手が一丸となって原曲リスペクトを繰り広げいる、その音の姿に自分は感銘を受けているわけで。

それらをひっくるめて、優秀なカヴァーアルバムだと常々考えているのだけれども、正直なところ作品としては無名に近い存在であることが、自分にとっては歯痒くそして残念に感じられてならないのだよね。カヴァー作品好きな方に、あまねく聴いてもらう機会がないものかと。

OVERS -Sora Amamiya favorite songs- (特典なし)