音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

ウタの歌 ONE PIECE FILM RED / Ado (2022 FLAC)

1曲目のタイトルではないけれども、これが新時代の歌い手なのだろうと実感しながら聴いていた次第。

僕ら世代が聴けば様々なエッセンスをそこから読み取ることが出来るだろうし、もっともっと若い世代が聴いたならば全く新しいスタイルの存在として受け止めることが出来るのだろうな、と。

その考えに至ったことが自分の音楽的老化を現わしている思いたくはないけれども、これを真っさらに新しいものであるとは受け止めがたいのもまた事実であって。

Adoはそのように考えさせられる存在だったからこそ、今の今まであまり触れずに来たのだけれども。

ウタの歌 ONE PIECE FILM RED (通常盤)