音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Thriller / Michael Jackson (1982/2022 Hybrid SA-CD)

本日朝一にコンビニへ向かい、本ディスクを回収。

今日だけで3回聴いた。

内容は改めて語るまでもなく。

これはフラットトランスファーによるSA-CD化ではないかと思うほどの自然な音質。

デジタルの鮮烈さとアナログのふくよかさが両立する、得も言われぬ心地よさ。クラシック音楽並みにボリュームを上げてこそ、その音の存在が際立つ。

前半の線のように鋭いサウンドと、後半の面のように広がるサウンドとの対比がこれまた素晴らしい構成美になっているのだと再認識させられた次第。

とんでもない音源でありますよ、本当に。

Thriller (Mobile Fidelity SACD)