音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2013-08-11から1日間の記事一覧

In The Court Of The Crimson King / King Crimson (1969/2006)

CDラックの中で静かに眠っていた作品を起こしてみた。自分の中でプログレとは組曲と忍耐と爆発だ、と思っている次第。ところで『こわれもの』のSACDはあっさりと購入を見送って、ルネッサンスの『シェラザード夜話』を発注。997円也。一つの作品を深く掘り下…

こわれもの(EXPANDED&REMASTERED) / Yes (1971/2003)

ううむ。SACD盤がリリースされているのを知った。この手のものはある日突然廃盤になるので、見つけたうちに買っておくのが吉なのだよあ。わかってはいても、邦楽アルバム1枚分のお金を払うことに抵抗を感じる。

MISOGI EP / GRAPEVINE (2012)

聴けば聴くほどに聴きやすくなる不思議なミニアルバム。難しいことを考えずに済む構成になっているからなのかしらん。

Wasting Light / Foo Fighters (2011)

これもCDから再生。やはりCDというメディアを完全に切り捨てるのは自分には無理だな。

File Under: Easy Listening / Sugar (1994/2012)

なんとなくCDラックから引っ張り出して再生したい気分だったので。iTunesでの再生とCDでの再生とでは、音に向かう姿勢が異なる気がする。音質云々という話ではなく、気分の問題。

word music 2 / GAKU-MC (2001)

トラックによっては恐ろしく録音がいいな、これ。リリックはどこか切なく、トラックは生音中心の緩やかなグルーヴ。そうやって休日は緩やかに過ぎていく。

three cheers for our side / Flipper's Guitar (1989/2006)

夏休みの1枚。