音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2010-12-01から1ヶ月間の記事一覧

紅白歌合戦を

最初から最後まで見る。今年もどうにか無事に終わりました。

TAKE YOUR PICK / Larry Carlton & Tak Matsumoto (2010)

バックアップは順調に進んでいる。アルコールもこれ以上摂取する必要がないくらいに飲んだので、今晩はPCを点けたままで寝ることにしましょうかね。ほんと、まったりしたいい年末を過ごしておりますよ。お。思ったよりも早くバックアップが終了した。ちょう…

The Greatest Hits 25 / Simply Red (2008)

焼酎のお湯割りに切り替えてまったりとやってますよ。今年の夜もあと1回のみ。

SENTIMENTALovers / 平井堅 (2004)

書籍類も処分しちゃったし、大掃除と言ってもやることはないし、発泡酒でも空けながら音楽を聴くしか他にすることもないな。明日は大晦日。久しぶりに弟妹全員が揃うと言うことで、ゆったり午後までは寝てられないな。昼前には起きよう。

PARADE / スガシカオ (2006)

バックアップは順調に進んでいるけれども、相当な量があるので時間がかかりそうな気配。今晩はPCは起動しっぱなしかな。

CAMERA TALK / フリッパーズギター (1990)

バックアップ用外付けHDDの容量が2GBを切っていたので1TBのHDDを新規に購入。改めてバックアップを取っているのだけれども若干悪戦苦闘。しかし1TBで余裕で1万円を切っていたことには驚いた。お。バックアップが順調に始まった。これで安心して年を越せるぞ。

LUNA SEA Live (BS-hi)

これでもかというくらいに初期の曲を演奏しまくるLUNA SEAに、今のかっこよさを知ったというか。昔のLUNA SEAを音源で聴くと非常に音が薄っぺらいんだけれども、ライブでのLUNA SEAは本当にかっこよかった。バンドが再起動して今後はどんな音を届けてくれる…

SICKS / THE YELLOW MONKEY (1997)

帰宅後に。1年が終わったという気がしない。やっぱ紅白を見ないことには年を越した気にはならないということか。

トライアングル / Perfume (2009)

クリスマスを超えて仕事の量も激減したので、明日の仕事納めを待って一日有休を取ることに。ということで今日が仕事納め。激動の1年でした。1年の締めはPerfume。イヤホンの耳のフィット感と音質に悪戦苦闘しながら帰りのゆったりと座れる電車内にて。

infinite synthesis / fripSide (2010)

往路。すっかり電車はガラガラ。帰省ラッシュが始まっているというのだもの、当然か。頭2曲を2〜3回繰り返して聴く。バスは普通に混んでたなぁ。帰宅後にも聴く。最初はインパクトの大きさでびっくりしていたけれども、今はそのある種コンサバな作りに感心し…

everywhere / 坂本真綾 (2010)

Disc1を。坂本真綾はこれくらいまったりと聴くくらいが丁度いいのかもしれない。

Total Pop: the First 40 Hits / erasure (2009)

日中から微妙に頭痛がする。

infinite synthesis / fripSide (2010)

往復共に。

14番目の月 / 荒井由実 (1976)

音数が少なくてグルーブしてて歌もイカしているとなると荒井由実を選ぶことになる。自分がどうして荒井由実を聴くようになったのかは分からないけれども(ま、過去のブログをあされば分かることですが)、現代の「松任谷由実」はそれほど聴く気にはならない…

スガシカオ / SMILE (2003)

「アシンメトリー」が聴きたくなったので。ゆるゆると年末を迎える。

Postcards From a Young Man / MANIC STREET PREACHERS (2010)

あっさりとイヤホンの被覆が裂けた。どういう罰ゲームですか、これは。

ぶっ生き返す / マキシマム ザ ホルモン (2007)

1時間早く出勤。朝6時にカーテンを開けるとまだ外は暗い。朝食代わりのおにぎりを持って出勤すると、電車の中は少しだけ空いていた。年末の匂いというものか。

旅路二季節ガ燃エ落チル / eastern youth (1998)

床にゴロゴロと転がりながら。

19972007 / BOOM BOOM SATELLITES (2010)

連休も終わるし、今年も一週間を切ってしまったし、なんというか終末感?

Another Window / Saigenji (2010)

そうか、今作は都会の臭いがしないんだ。開放感溢れる南のサウンドというか。

少年アリス / 坂本真綾 (2003)

ブックオフにて書籍を処分。何冊売ったかはカウントしていないけれども、CD1枚分にはなった。その後雑誌を処分して年末の大掃除は終了。連休も終了。

君が笑うとき、君の胸が痛まないように / 槇原敬之 (1990)

本棚を整理したら連休中の課題を一通り片付けた気になってしまったので、なんとなく槇原2連チャンでクールダウン。

君は僕の宝物 / 槇原敬之 (1992)

本棚の整理を一気に片付ける。入りきらなかった物、もう読まない物は明日ブックオフにて始末。となると、やっぱり読んだ本もメモとしてここに残しておいた方が間違いないのかなぁ。伊坂幸太郎なんて、何を読んだのか憶えていないし。どんなくだらない本でも…

COMPLETE BEST / LUNA SEA (2008)

そういえばこのクリスマスデイズにはLUNA SEAが東京ドームを埋めていたんだっけね。29日のBS特番はもちろんチェックします。ということでリブートに捧げるLUNA SEA。恒例の年明けカラオケにはLUNA SEAを熱唱しましょうかねぇ。

Get Lucky / Mark Knopfler (2009)

ちょっと冷えた部屋でしんみりと行こうかねぇ。

A.O.R. / Moonriders (1992)

鈴木慶一の声は落ちていくのにも使えるが、アゲていくのにも十分使える。4連休もあと1日ですか。日々がこれだけ早いのだものな、1年なんてあっという間だ。

infinite synthesis / fripSide (2010)

今日がクリスマス本編。とはいえ何をするでもなく小説を片付けただけですがね。

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 / アシュケナージ / プレヴィン / ロンドン交響楽団 (1972)

聴きながら2008年頃のブログを読み返している。日々、気が滅入っていく様子にひきずられてしまう。今の自分は平穏で幸せだと思いたい。

NEW-S / T-SQUARE (1991)

そうやってクリスマスイヴの夜も更ける。

15YEARS -BEST HIT SELECTION- / globe (2010)

シャッフルプレイにて。正月前の4連休というのも贅沢でいいね。