音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

Protocol V / Simon Phillips (2022 Spotify)

いつの間にかリリースされていたよ!知らなかったよ!アンテナ低いよ、自分!

直球ど真ん中に剛速球を投げてはストライクを取り、投げられた変化球は余裕綽々でホームランとして打ち返すかのような、サイモン・フィリップスによるジャズ・ロックの単独祭典のような音楽。

いや、ジャズ・ロックなどと手垢の付いた表現で安易に形容してはならない。これはジャズでもありロックでもある、すなわちサイモンによるいつもの『Protocol』シリーズであります。同一プロトコルで君と僕との以心伝心。

何を言いたいのか、そして何を書いているのかがさっぱりわからない。

うん、やっぱりこのシリーズは掛け値なしで格好いいですよ。一見サイモンの定番的な音楽稼業にも思えるけれども、メロディラインであったり曲の構成であったり、また、サイモンのドラムそのものに宿るその筋と節が、自分の中にダイレクトに繋がってくれるのです。

今作は特にメロディ寄りの作風ではないかと。バンドアンサンブル重視であるとも見て取れる。前作が自分の中ではやや消化不良気味だったのだけれども、今作はスルッと入ってきた。

数年前、モーション・ブルー・ヨコハマでの公演を観た際に「あれ?この人、こんなに叩かなかったっけ?」と思うほど裏方に徹していた印象だったのだけれども、ここでも「俺のドラムを聴け」と言った派手なアクションは少ないように思えた次第。それでいながらこの音には存在感があるのだよね。

境地なのかな。どのようなドラミングであっても、自分が叩けばサイモン・フィリップスの音になるという境地。御年65だそうですよ。自分自身のスタイルを持っている人は強いな。

こんなところでウダウダ書いていないで、音源を買わないと。

で、今、某所でこのアルバムのプレスリリースを読んだら「ハード・フュージョン」だってさ!

どう表現しようが、もう何でもありだな。ソリッドでありながら絢爛。ええ、だからこれは『Protocol』シリーズなので。

Protocol V

Parking Lot Symphony / Trombone Shorty (2017 Spotify)

フォーマットはイカしていると思う。それが自分の好みであるかどうかはまた別問題。

そのようなことを考えながらも、最後まで聴き通した。聴き通せるだけの自分的尺度のクオリティはあった。

でもガツンと来る部分がなかったのだよね。期待していたよりも尖り方がマイルドだった。その分の期待値を差し引いても、微妙にリーチしてくれなかった感。

とりあえずのところ「これを聴いたよ」と言う自分用のメモとして残しておきます。

PARKING LOT SYMPHONY

Portray / DEZOLVE (2018 96/24)

このアルバムはリリース後しばらく耳を通せていませんでした。それほどまでに現時点での最新アルバム『Frontiers』が自分にとってドストライクだったと言うことでもありますが。

久しぶりに聴いてみると、全員が全員、演奏が前のめってますね。とにかく次の音へ行きたい、提示したいという意欲に満ちあふれ、音に対する説明の情報量も多いこと多いこと。曲の器からはみ出しかけています。若いって素晴らしい。

かと言って演奏が浮き足立っているわけではない、座りと度胸のよさがこのバンドの売りだよね。そう納得してしまうソリッドな感じが、これまた素直に格好よいと言えるかと。

その点においてはいかにもな日本人によるフュージョンです。いや、それがまた格好よいのですよ。浪花節であることは決して悪いことだけではない。それを踏めるかどうか。それもまた度胸の一端ではないかと。しっかりと踏みつつも前に目を向け進んでいることが、演奏を聴いていてヒシヒシと伝わってくるのです。

そろそろ新譜を出してくれないものか、と思いつつオフィシャルサイトを見にいくと、あら、来年2月に新作リリースとな!カレンダーに登録しましたよ。来年の楽しみがまた一つ増えた。レコ発ライヴがあれば是非とも見に行きたいところ。日本のフュージョン界隈で、今最も生音に触れてみたいバンドなのでね。

PORTRAY(ポートレイ)

To Brazil with Love / Diana Panton (2011/2019 DSD256)

WALKMAN、NW-WM1AM2をUSB-DACとして使用。

NAS音源をWi-Fi経由のPCから再生&接続させるよりも、NASにWALKMANを直で繋いで再生させた方が、当然の事ながら音場の広さやら楽器のふくよかさは格段に上でした。これが同レベルならばESOTERICに接続させて運用しているNASの立場はない。

と言うことで、このハイスペックDSD音源をヘッドホンにて鑑賞。音質と音楽性が両立している貴重な作品だと思っています。ダイアナ・パントン作品は基本的にその両軸が立っているので安心して楽しめますね。

To Brazil With Love