音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

2021-05-13から1日間の記事一覧

Ingenue (25th Anniversary Edition) / k.d.lang (1992/2017 192/24)

静かに、静かに。力を失わない程度に静かに。

A Rush of Blood to the Head / Coldplay (2002 192/24)

静かな胸のうちに燃ゆる炎が見えるような作品が、今はスッと耳に馴染む。

フリー・ソウル・キリンジ / キリンジ (2014 FLAC)

耳を左から右へとすり抜けていくような歌詞と音楽を。部屋の中に音が浮かんではすぐに消える。自分の中でもまたしかり。

靜茹&情歌 別再為他流涙 / 梁静茹 (2009 FLAC)

頭のアイドリング状態は続く。エンジンを噴かす気にはならない。

Down The Road Wherever / Mark Knopfler (2018 FLAC)

寄る辺のない思いを抱えているような感覚で。昼間からこのようなものを聴いている段階で、相当にボンヤリ。「2~3日はこの調子かな」などとも思いながら。

Frontiers / DEZOLVE (2020 96/24)

このところ、やなぎなぎをフィーチャリングした楽曲が異様に気になってきていて。この曲をカラオケで歌えたら、相当に気持ち良いと思うのだけれども。それ以前に、大手を振ってカラオケが出来る世の中に果たしてなるのかしら。あ、その他の曲も何度聴いても…

CATCH YOUR BEAT!!〜Cha-DANCE Party Vol.5 / 東京パフォーマンスドール (1992 FLAC)

本日の朝一に。早朝から諸々の作業やら計算やらをしながら、ヘッドホンにて。朝からアゲる。雨だしね。