音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

イキルキス / 舞城王太郎 (2010)

『ディスコ探偵水曜日』を途中で挫折してしまったこともあり、ちょっと遠ざかっていた舞城。今作は短編集ということもあってリベンジのつもりで読んでみた。内容はいつものギチギチ米粒弁当箱な舞城。相変わらずの不条理極まりない展開に「この人が芥川賞候補になった理由がよくわからん」と首をひねりながらそれでも面白おかしく読ませてもらった。読み手を選ぶけれどもツボにはまればとても面白くなる、それが舞城ワールド。