音波の薄皮

その日に聴いた音楽をメモするだけの非実用的な日記

犬は吠えるがキャラバンは進む / 小沢健二 (1993 FLAC)

小沢健二は多幸感の代名詞的に言われることが多いように思われるのだけれども、このソロ第一作に関しては、そこからはほど遠い、何とも言えないもの悲しい孤独感に充ち満ちているよう感じられるのだよね。だからこそそう滅多には聴けないし、聴けば聴いたで、終わった後にどっぷりと疲れてしまうという側面もある。思うにこの作品は究極の私小説ではないかと。とある世界に別れを告げて、そして新しい世界へとまた旅立っていく、そのちょっとした合間に作られた、谷のような作品。

再編→『犬は吠えるがキャラバンは進む / 小沢健二 (1993) | 音波素粒子 -vox-